トラックの様々な種類と大きさ。運転できる免許の種類

レンタカーでトラックを借りて引っ越ししようと思った時、種類がいろいろあって迷いますよね。トラックの種類は、使用用途、大きさ、架装という3つの種別によって分類されますが、詳しく説明を聞かないとわかりませんよね。そこで、トラックの基本をまとめてみました。

 

まず、使用用途については、次の3種類があります。

 

  • 運送事業用の営業用貨物自動車
  • 自分の荷物のみを輸送できる自家用貨物自動車
  • 軽自動車の規格内に収められる軽貨物自動車

 

この区分は、ナンバープレートの色や文字によって見分けることができます。

 

引っ越しにも便利な屋根付きの2トントラック

 

次に大きさですが、まず免許で区分すると、普通運転免許で運転することができるのは積載量が2トン以下の小型車だけとなります。これは、その平均的な大きさから、「2トン車」と呼ばれることもあります。

 

この上には積載量が4トンクラスの中型車があり、運転には大型免許か中型免許のいずれかが必要となります。これも、その平均的な大きさから「4トン車」とも呼ばれます。そして、最大のものは10トンクラスの大型車であり、大型免許が必要となります。

 

ただし、これらのトン数による区分は、あくまでもおおよその目安であり、2トンや4トン、あるいは10トンといっても、実際のトン数とは大きくかけ離れていることもあります。そのため、小型、中型、大型の3種類で分けた方が、区分としては分かりやすいでしょう。ちなみに、普通運転免許は18歳で取得することができますが、中型免許は20歳以上、大型免許は21歳にならないと取得することができません。

 

引っ越しでレンタカーを借りるなら軽トラか2t車ですが、やはり自分で作業するのは想像以上に大変ですので、まずは、こちらの記事の通り、引っ越し業者の見積もりを頼んでみることをおすすめします。想像以上に安くお願いできたりします!

 

引っ越しでトラックや軽トラを借りるなら…

 

 

最後に架装による分類ですが、これは、トラックの荷台の部分のことです。まず、小型車の場合は荷台がフラット型の平ボディ、荷台が箱型のバンボディ、荷台に断熱加工がされており、低温で輸送ができる保冷車、冷凍装置や冷蔵装置が付いている冷凍冷蔵車などを挙げることができます。つまり、普通運転免許があれば、一般的な一人暮らしに利用する2トントラックだけでなく、保冷車や冷凍冷蔵車を運転することができるわけです。

 

また、中型車の場合は、平ボディ、バンボディ、冷凍冷蔵車の他にバンボディの両側が開くウィングボディや荷台を幌で覆った幌ウィングなどがあります。大型車の場合は平ボディ、バンボディ、ウィングボディ、冷凍冷蔵車などで構成されています。サイズによって架装に相違があるのは、トラックの強度や効率的な問題によるものです。