赤帽のサンバートラックはすごい!

赤帽の軽トラ

 

「赤帽」というと、小柄な軽トラで街を走り回っているイメージが定着していますね。小さな荷物だけ運んでくれる、格安な運送会社だと思っている方も多いようです。

 

使われている軽トラは、スバルのサンバートラックという車種です。サンバーにはトラックとバン、パネルバンがありますが、主に使われているのはトラックです。

 

トラックの荷台の大きさは、幅141cm、長さ194cm、高さは145〜200cmです。ハイルーフで、さらに屋根が幌になっている車は、背の高いものでも運ぶことができます。積載量は350kgですので、一般の荷物なら普通に積み込んで運べる容量になっています。頼もしいかぎりですね。

 

しかし、もっと素晴らしいのはここからです。実は、一般のサンバートラックと赤帽サンバーとは、車の細部の仕様も、エンジンも違っているのです。

 

一般のサンバートラックは左右ドアミラーですが、赤帽の軽トラは助手席に荷物を積んだ時にも左側のミラーが見えるように、フェンダーミラーになっています。

 

内装も、車内で仮眠をとる時にサイドブレーキが邪魔にならないよう、ロックが掛かった状態でも下げられるようになっていますし、頻繁に乗り降りする運転席側のシートは、厚手の生地・強化レザーでできています。13ワットの高照度ルームランプで、地図なども見やすくしています。荷物を固定する時にはとても重要な、荷台の荷掛けフックも多くついています。

 

そして、一番注目するべくはエンジンです。

 

赤帽専用4気筒EGIエンジンという、耐久性を上げた特別仕様のエンジンで、ネットのオークションなどでは単体で売られているほどファンも多くいます。

 

エンジンのヘッドカバーは赤い色で、「赤帽専用」の刻印が打ってあります。この軽トラは非常に低燃費で、30万キロから40万キロも走ることができ、中には50万キロ以上走っている車もあり、話題になったこともあります。

 

赤帽の引っ越しサービスとは

さて、小さい荷物を運んでいるイメージの強い赤帽ですが、引っ越しを頼むこともできます。単身引っ越しはもちろん、都市部だけですが家族引っ越しも可能です。

 

見積もりは無料で、インターネットやスマホからもできます。他社の引っ越し業者と比較すると、料金はかなり、かなりお得です。

 

ちなみに、作業時間2時間以内、走行距離20km以内の場合なら、13,500円(土曜・日曜・祝日は2割増し)ですから、他社の家財専門の宅配便だったらひとつの家具だけしか運べない程度の料金で、引っ越しができるということになります。

 

ただし、安いのには理由もあります。ドライバーは基本1名のみですので、大きな家具や荷物の運び出しは、客である自分たちも手伝わなくてはならない場合があります。女性は利用しにくいかもしれませんね。

 

また、軽トラですので荷物量の多い人の引っ越しには向かないこともあります。

 

最後に、赤帽は、個人事業主の集合体になります。いい人が来てくれたと思ったなら、次回も同じ人を頼めばよいのです。自分の事業としてやっている人ですから、大手のアルバイトばかりの宅配業者よりも、頼りになることは間違いないでしょう。

 

 

もし、レンタカーの軽トラで引越しするなら…お得なのはこちら!